S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
天国 ~ベストフレンズ〜
以前Cooんさブログの方でも紹介したのですが、アニマルフレージュ関西の会報誌に掲載されていたお話しです。


「天国 ~ベストフレンズ〜」

ひとりの男と愛犬が道を歩いていました。
男は景色を楽しんでいましたが、突然、『そうだ、自分は死んでいるのだ』と気づきました。
そのときの記憶がよみがえり、かたわらを歩いている犬も、また、何年か前に死んだことを思い出したのです。
『さて、この道はどこに通じているのだろう』と彼は考えました。

しばらくすると、道の片側に、高くて白い石塀が見えてきました。
高価な大理石と思われる塀は、長い坂道を登りきった所で途切れ、太陽に輝く高いアーチが姿を現しました。手前で立ち止まって眺めると、弓形の見事な門は真珠らしく、そこに通じる道は純金製のようでした。
彼と犬は門の方に歩を進め、さらに近づいてみると、傍らにはひとりの男が机の前にすわっています。旅の男はそばに寄って声をかけました。

「すみません、ここはどこでしょうか?」

「ここは天国でございますよ。」と門番は答えました。

「本当に?ところで、水をいただけないでしょうか?」と男はたずねます。

「よろしいですとも。おはいり下さい。すぐに冷たい水をお持ちいたしましょう。」
門番は手招きし、門を開けました。

「私の友達も…」と犬を指し示し、「入っていいですか?」と旅の男は聞きます。

「申し訳ありませんが、ペットはお断りいたします。」

男は一瞬考えてから、道の方に引き返し、犬を連れてさらに先に進んで行きました。
かなりの距離を歩いた後、また別の長い坂を登り詰めると、泥道に出ました。
道は農場の門に通じていましたが、ゲートは開けっ放しで、柵もありません。近づくと内側には、木にもたれてすわり、本を読んでいる男がいました。

「すみませんが、お水をいただけますか?」と旅の男は声をかけました。

「お安いご用だ。あそこにポンプがあるから、入って来な。」

「相棒もかまいませんか?」と旅人は犬を指さします。

「ポンプのそばにボウルがあるよ。」

ゲートを通りぬけて行くと、たしかに旧式な手押しポンプと、そばにはボウルがあります。男はボウルに水を満たすと、まず自分が心ゆくまで飲み、それから犬にも水を与えてやりました。
のどの渇きがすっかりおさまると、旅人と犬は木の下に立っている男のところに戻りました。

「ここは何というところですか?」と旅人はたずねます。

「天国だよ」というのが男の答え。

「ちょっと、まぎらわしいですね。この下の方にも“天国”と称する場所がありましたよ。」と旅人が言うと…

「ああ、金ピカ通りとパールの門がある所かい? いいや、あれは地獄さ。」

「彼らがあなたの場所を“かたっている”のには腹が立ちませんか?」

「いや、それでいいんだ。あの連中がより分けてくれる。“親友”を置き去りにする人物かどうかを…だから大助かりなのさ。」


その際は、お気を付け下さい…
[PR]
by kworca | 2009-03-24 00:22 | コンパニオンアニマル
<< 天然の霊廟 星新一 >>