S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
アイスランド商業捕鯨再開
先日17日、アイスランドが1985年以降中断していた商業捕鯨を約20年ぶりに再開すると発表しました。〈関連記事〉
発表後、22日までにナガスクジラ1頭を捕獲したそうです。
f0049903_1552564.jpg

また、別の記事で愕然としたのは、捕鯨賛成の人達の多さです。〈あなたは商業捕鯨に賛成? 反対?〉

一説では、保護された為に生息数が増え、海難事故や海の生態系に影響を及ぼしているとされています。
最大のほ乳類にも関わらず、クジラの生態調査は極めて難しいと聞いています。
それなのになぜそういう事が言えるのでしょう?
海難事故が起きると、まず原因が「クジラとの衝突か…?」と報道されますが、その後調査を進めると殆どが他の原因だったのが判明します。
クジラの生息数が増えているとしても、昨今世界各地で多発している謎の集団座礁問題による犠牲も多いのです。
その原因の一つとして、クジラには欠かせない超音波交信を潜水艦が発する強力な超音波が妨害し、深刻な打撃も与えている結果だという事が言われています。
人間が手を下さずともクジラは、その優れた能力により大自然と調和を保つことは容易に出来るように思います。
むしろ生態系を崩している深刻な原因は『人間』です。
それを最もらしい理由をこじつけて、産業発展目的に他の生き物を利用しているに過ぎません。

他の食べ物にも言えることですが、どうしても食べたいのであれば“余さず感謝して食べる”べきです。
食べきれない量を捕るべきではありません。
人間が生態系のバランスを管理しきれると考えるのは、あまりにも驕慢で危険だと思います。

「あなたは商業捕鯨に賛成? 反対?」
私は断固として反対です。



ARK-ANGELS代表 林 俊彦さんによる「広島ドッグパーク」のこれまでの経緯がアップされています。
ARK-ANGELSのズバリ一言!!
二度と同じ過ちを繰り返させないように動物取扱い業界全体への警告となりますように…
[PR]
by kworca | 2006-10-23 00:52 | クジラのこと
<< デンマークドック 秋の夜… >>