S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
カテゴリ:コンパニオンアニマル( 36 )
これからも…
君の瞳は、いつもクリクリ可愛くて、
全ての者にやってくる“その時”も信じたくなかった…

君の得意だった、かくれんぼ。
これからも林を見ては、君を探すことでしょう。

もう苦しかった発作は起きないし、
もしかしたらこっちにも来てくれるかもしれないね。


ありがとう…
[PR]
by kworca | 2009-04-17 02:44 | コンパニオンアニマル
北海道でもブリーダー崩壊

『北海道ブリーダー崩壊 北広島緊急プロジェクト』
f0049903_2359551.jpg

f0049903_0115889.gif

[PR]
by kworca | 2009-04-04 00:04 | コンパニオンアニマル
天国 ~ベストフレンズ〜
以前Cooんさブログの方でも紹介したのですが、アニマルフレージュ関西の会報誌に掲載されていたお話しです。


「天国 ~ベストフレンズ〜」

ひとりの男と愛犬が道を歩いていました。
男は景色を楽しんでいましたが、突然、『そうだ、自分は死んでいるのだ』と気づきました。
そのときの記憶がよみがえり、かたわらを歩いている犬も、また、何年か前に死んだことを思い出したのです。
『さて、この道はどこに通じているのだろう』と彼は考えました。

しばらくすると、道の片側に、高くて白い石塀が見えてきました。
高価な大理石と思われる塀は、長い坂道を登りきった所で途切れ、太陽に輝く高いアーチが姿を現しました。手前で立ち止まって眺めると、弓形の見事な門は真珠らしく、そこに通じる道は純金製のようでした。
彼と犬は門の方に歩を進め、さらに近づいてみると、傍らにはひとりの男が机の前にすわっています。旅の男はそばに寄って声をかけました。

「すみません、ここはどこでしょうか?」

「ここは天国でございますよ。」と門番は答えました。

「本当に?ところで、水をいただけないでしょうか?」と男はたずねます。

「よろしいですとも。おはいり下さい。すぐに冷たい水をお持ちいたしましょう。」
門番は手招きし、門を開けました。

「私の友達も…」と犬を指し示し、「入っていいですか?」と旅の男は聞きます。

「申し訳ありませんが、ペットはお断りいたします。」

男は一瞬考えてから、道の方に引き返し、犬を連れてさらに先に進んで行きました。
かなりの距離を歩いた後、また別の長い坂を登り詰めると、泥道に出ました。
道は農場の門に通じていましたが、ゲートは開けっ放しで、柵もありません。近づくと内側には、木にもたれてすわり、本を読んでいる男がいました。

「すみませんが、お水をいただけますか?」と旅の男は声をかけました。

「お安いご用だ。あそこにポンプがあるから、入って来な。」

「相棒もかまいませんか?」と旅人は犬を指さします。

「ポンプのそばにボウルがあるよ。」

ゲートを通りぬけて行くと、たしかに旧式な手押しポンプと、そばにはボウルがあります。男はボウルに水を満たすと、まず自分が心ゆくまで飲み、それから犬にも水を与えてやりました。
のどの渇きがすっかりおさまると、旅人と犬は木の下に立っている男のところに戻りました。

「ここは何というところですか?」と旅人はたずねます。

「天国だよ」というのが男の答え。

「ちょっと、まぎらわしいですね。この下の方にも“天国”と称する場所がありましたよ。」と旅人が言うと…

「ああ、金ピカ通りとパールの門がある所かい? いいや、あれは地獄さ。」

「彼らがあなたの場所を“かたっている”のには腹が立ちませんか?」

「いや、それでいいんだ。あの連中がより分けてくれる。“親友”を置き去りにする人物かどうかを…だから大助かりなのさ。」


その際は、お気を付け下さい…
[PR]
by kworca | 2009-03-24 00:22 | コンパニオンアニマル
こんなサプライズは必要ないっ
f0049903_1434104.jpg

犬とは十数年の付き合いをする事になります。
その間に様々な問題が起こります。
子犬は見た目は可愛いけど、病気じゃない限り、持て余すくらい活発です。
プレゼントするにしても、きちんと話し合って、決意して、責任と共に迎えて下さい。

そして、各地域の動物管理センター里親募集してる施設などの犬達にも目を向けてください。

サプライズに適しているプレゼントは、他にあるはず…
[PR]
by kworca | 2008-12-18 14:39 | コンパニオンアニマル
反応する言葉
それぞれのお宅のワンちゃんが反応する言葉って、違うと思いますが、うちの場合…

「Coo?わんさ?」
f0049903_15432720.jpg

C「ほれ、呼んでるよ、反応してやれば?」
わ「また写真撮りたいだけでしょ」



「ごはん食べる?」
f0049903_15433698.jpg

C「ん? だって、まだご飯の時間じゃないでしょお?」
わ「そだよねぇ〜」



「おやつは?」
f0049903_15434345.jpg

C「どうせ、くれないくせに〜」
わ「自分は沢山食べてさぁ〜」



「お散歩?」
f0049903_15435054.jpg

C「ま、まじ?!」
わ「(キラ〜ン)え?ほんとに??」



「お出掛け?」
f0049903_1544236.jpg

C「支度しなくっちゃ」
わ(ピュ〜ン)




・・・お宅は、どうでしょう?
[PR]
by kworca | 2008-12-06 15:55 | コンパニオンアニマル
重犯罪ですから!
f0049903_2321121.jpg

f0049903_2323026.jpg

f0049903_2324235.jpg


法律では、人は罰金50万円・100万円、もしくは1年以下の懲役でまだ済むかもしれません。
でも、この犯罪を犯す事によって、犬猫には死刑を下しているんです。


全国平均殺処分率平均が90%の中、平成19年度12.79%に抑えた熊本市動物愛護センターの職員さんの言葉

熊本市動物愛護センターが掲げる目標は「殺処分ゼロ」です。

この殺処分ゼロという目標~おそらく到達することは
かなわない遠い夢なのかもしれませんが、
全職員がその達成に向けて夢を受け継ぎ、努力してまいりました。

旧来の殺処分のために造られた収容施設を、
収容犬猫が清潔にストレスなく過ごすことがきるように
様々な知恵を出し合って飼養管理を行なう職員。
処分のためにペットを持ち込む市民に対して、
飼い主としての義務と責任について何時間も説得を試みる職員。

行政のパートナー団体として協働体制にある
動物愛護推進協議会の推進員さんたち・ボランティアさんたちは深夜まで熱く討論を重ね、
様々なイベント等に休日・夜間を問わず参加していただいております。

皆が同じ方向を見定め、互いのできること・力の及ばないことを理解しあい、
協力することによって、現在の熊本市動物愛護センターがあります。

根拠法である「動物の愛護と管理に関する法律」の名が示すとおり、
愛護と管理は表裏一体のものです。
殺処分は今後も続く現状でしょう。
この数を限りなくゼロに近づけるためには、
ペットを捨てる・見捨てる飼い主さんたちの意識変革が不可欠です。

私たち今の社会を担っている大人は、
命の重さ尊さを次の世代に伝えなくてはなりません。

人と動物とが共生できるまちづくり~
それが私たち熊本市動物愛護センターのミッション(使命)です。

2008年11月7日 
熊本市 動物愛護センター

[PR]
by kworca | 2008-11-12 00:17 | コンパニオンアニマル
これは買いでしょお〜
今回「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」のメール配信で、
『動物愛護週間制定60周年記念切手が平成21年9月18日(金)に発行される予定』と知りました。
動物愛護行政推進の為の予算確保を目的に、松野頼久議員が寄付金つき動物愛護切手が発売できないものかと、環境省と日本郵便に働きかけてくれたのだそうです。(やっぱ時代は、民主党なのか?!あ、決して肩入れしてませんよぉ)

図柄はまだ未定のようですが、発行部数は最低でも150万シートが予定されていて、
1円の寄付としても1500万円の寄付金が見込まれるそうです。
更に、もしこの切手の売り上げが良ければ、継続的な発行も検討されるようなのです。
『6月30日(火)発売の南極・北極の極地保護』っていう切手も、良い感じだぁ〜

昔、よく海外旅行に行っていた頃、自分へのお土産はよく現地の切手シートを買っていました。
切手って、その国や地域の特色がよく現れているんですよねぇ。
f0049903_1365226.jpg

値上げ値上げで、世界恐慌も囁かれている昨今ですが、売り上げの何%かでも寄付に… こういう事業や試みがもっと当たり前になると良いですよね。
[PR]
by kworca | 2008-10-05 22:24 | コンパニオンアニマル
これ日本でもやって欲し〜
今日のエキサイトのTOP NEWSにあった『犬のふんを「DNA分析」し飼い主判定』を見て、即クリック!
イスラエルで施行されるんですって〜
犬の糞を拾って特定のごみ箱に入れた飼い主は、報償としてペットフードのクーポン券や犬のおもちゃがもらえるそうです。
その一方、見つかった糞がDNAデータベースに登録されたペットの犬と適合した場合、飼い主に罰金が科せられる可能性があるとのこと。
拾わないような人は、データベースに登録もしないとは思いますが…

ちなみに私は犬の散歩には、両手フリーになるお散歩エプロンを欠かしません。
お散歩エプロンは、なかなか無い上に実用的なモノが少ないんです。
もっと安価に普及して欲しいなぁ…
というわけで、今使っているのはmadoさんが手作りしてくれた特別仕様!
f0049903_13113813.jpg

コレに、これでもか!と腰に負担を感じつつもぶら下げて散歩しているわけですが、こんな完全防備な格好でも、度々放置ウンチの注意を受けます。
放置するどころか、度々他犬のも拾ってるのに…
見せかけだけで袋を持ち歩いてる人もいるとかで…
何ならDNA鑑定でもしてよ!って前から思っていたのでした。

放置ウンチで迷惑しているのは、何も犬を飼っていない人ばかりではなく、むしろ犬を飼っている方が迷惑していると思います。
あらぬ疑いを掛けられるばかりでなく、公園などを立入禁止にされたり、病気が伝染する可能性もあります。
分かりやすい健康状態の確認の意味でも、拾うべきなんですよねぇ〜
[PR]
by kworca | 2008-09-17 13:21 | コンパニオンアニマル
これから通る今日の道
子犬叱るな 来た道だもの
老犬笑うな 行く道だもの
来た道行く道 二人旅
これから通る 今日の道
通り直しのできぬ道


先日、紹介した『犬の老いじたく』の本の最後の方で中塚さんが、浄土宗の信徒さんが詠ったのをアレンジして載せている詩です。

f0049903_324798.jpg

愛犬との一日一日を大切にしたいですね。
[PR]
by kworca | 2008-07-13 17:01 | コンパニオンアニマル
自治体の保護犬猫情報
全国各都道府県の自治体によって、犬猫の収容期限や期限を過ぎた後の対応はバラバラです。
それだけに、そこに住む私たちの行動も少なからず左右する場合があると思います。
“うちの犬”が迷子になっていなくても、時々収容犬情報に目を向けてみて下さい。
HPで公開している自治体も増えてきています。
思いがけず近所の知ってる犬が掲載されているかも知れません。
その飼い主さんは、その事を知らないだけかも知れません。

『日本にアニマルポリスを誕生させよう!』で全国の自治体で保護収容されている犬猫の情報を収集してくれています。
首輪をしている犬もたくさんいますし、首輪とチェーンまでついている犬もいます。
お洋服を着ている犬もいます。
どう見ても迷子という犬ばかりです。
ただ、同じ場所での『捕獲』となっているので
明らかに「遺棄」だろうと思われる子犬6匹もいます。
かわいい首輪をしているけれど、大けがをしてお家に帰れない犬もいます。

お心当たりの方がいないか、お散歩の時に見かけたことのある犬はいないか、
ご自分の地域をぜひ見てみてください!!
また、譲渡情報もありますので、新しく犬猫を家族にしたい方にも教えてあげてください。


また、迷子になって探しているという方は『犬猫検索マップ』を参照してみてはいかがでしょう。
f0049903_2383144.jpg

何らかの理由で、思いの外遠方まで移動している場合もあります。
迷い犬猫を保護された方もこちらに情報を公開してみるといいかもしれません。
[PR]
by kworca | 2008-07-10 23:19 | コンパニオンアニマル