S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
オイルショックかよっ
ニュースで明日からまたガソリン・灯油が値上がりすると聞き、慌ててポリタンクを車に載せて、夜10時くらいにガソリンスタンドに向かいました。
特に灯油は、1リットル7円も一気に上がるという事で、まったく冗談じゃありません!
駆け込み給油も、さすがに夜10時も過ぎれば落ち着いているだろうと思いきや、甘かった…
私がいつも給油に行ってるGSは、少し遠いのですが恐らく札幌で一番安いところ。
他のGSに比べて今日の時点で、灯油は15円も安いのです。
それだけにっ!1km近くの行列…
こりゃあ、入れるまでに1時間以上は掛かるなぁ…
でも、わざわざせっかく来たし… 並んでみるか!
で、給油出来たのは約2時間後…
ガソリンと灯油を入れるには、また最初から並び直しになるとの事で、さほど減ってなかったガソリンは別のGSで入れました。

途中、信号を挟んだ所では直進車と左折車間の割り込み問題で、どっかの女性同士が揉めて一方が通報したらしくパトカー3台、警官10人くらいが駆けつけるちょっとした騒ぎになってるし…
ってか、パトカースタンドの真ん前に駐めるなよっ!
邪魔で益々混んでるじゃないかっ!

そりゃあ、2時間も並んでるわけですから、後続車の私も腹は立ちますよ。
でも、たかだか5分くらいの違いじゃない。
その5分で凍え死ぬとでも言うのかい?
はぁ〜… ちっせーなぁ〜
物価が上がると、心が荒みますねぇ〜

ああ… ヒグマと一緒に冬眠したい…
と、思いつつ、とても貴重だと気付いた灯油節約の為ストーブ消して、
♪厚着しながら書いてます〜♪(津軽海峡冬景色なフレーズでお読み下さい)
[PR]
by kworca | 2007-11-30 23:50 | つぶやき
“鳥寄せ”を取り寄せ
ネット検索をしていて、まったポチッとな、してしまいました〜
f0049903_1373265.jpg

【オーデュボン バードコール】

アメリカの鳥類・自然保護団体、オーデュポンのバードコール。鳥の鳴き声そっくりの音を出し、野鳥を呼び寄せます。木製の本体に差し込まれた金属の芯をひねって、こすり合わせるだけの簡単な仕組みながら、「キュッキュッ」と、驚くほど可憐な小鳥のさえずりのような音がします。
バードコールは古くから「鳥寄せ」の道具として使われていたもので、今でもバードウォッチングの必需品。自然観察やトレッキングなど、フィールドで過ごす時はもちろん、公園や庭先で鳥を呼んでみるのも楽しいもの。


だそうで、ちなみに…

AUDUBON(オーデュボン)
ニューヨークに本部を構えるアメリカの鳥類・自然保護団体。19世紀最大のアメリカの鳥類学者であり(画集『アメリカの鳥類』1838年)、野生動物の保護や自然環境の保全を提唱したジョン・ジェームズ・オーデュボンの弟子、グリンネルにより1885年に創設。その後、1905年に現名で全米組織として発足した。鳥類をはじめ野生動植物の多様性を維持・回復を目的とし活動している。

ねっ!良いでしょう?!ふっふっふ…

f0049903_12452372.jpg
あ… 
他のヤツが寄ってきた…
[PR]
by kworca | 2007-11-29 12:49 | 自然
地震予知犬
地震が起こる前に何かしらの行動で、それを知らせようとする犬を俗に『地震予知犬』と言うそうです。
実は、うちのCooもその兆候があるようなのです。
震度4以上の地震が近辺地域で起こる前に反応を示します。
つい先程あった東北地方の地震の10分くらい前にも遠くを見つめる仕草が見られました。

ハッキリ分かったのは数年前、早朝に札幌でも結構揺れた地震がありました。
北海道で地震が起こっても札幌は大概、震度1か2の事が多いのですが、確かこの時は震度3位の縦揺れだったと思います。
苫小牧では揺れが更に強く、石油タンクの火災が起こったりしました。

その地震が起こる10分くらい前、当然まだ寝ていたのですが、Cooだけが布団から抜け出し、部屋のドアの方に向かいました。
オシッコがしたいのかなぁ…でも、こんな時間に珍しい…
とにかく「トイレならシーツにして、もう少し寝なさい」と声を掛けましたが、一向に戻ろうとせず、起き上がる気配のない私に静かに「ワン…ワン…」と吠えます。
こんな事は今まで無かったので、不思議に思いながらも無視して再び眠りにつこうとした時、グラッっと来たのです。
その時点でわんさも怖がって騒ぎ出し、私もかなり怖かったのですが、その時点ではCooの行動と地震は結びついていませんでした。
のほほんと向かえた翌日テレビで「昨日の地震で数匹のペットが直前に地震を知らせたという報告がありました」というのを目にして、「へぇ〜、凄いワンちゃんもいるもんだぁねぇ〜」とちびまる子ちゃん風にお菓子を食べていたのですが…
ん?! そういえばCooも何か変だったっけ…
せっかくの能力も、こんな飼い主では何にもなりません…

その後は、Cooがおかしな行動をとったら、ビクビクしながら気をつけておりますが、単に散歩をせがんでるだけだったり、単におやつが欲しいだけだったり、単に幽霊が見えてるだけだったり… ←ん?!

昨今では、動物たちの地震予知能力について本格的に調査研究が進められているそうで、地震予知能力が高い犬などから血液採取し、遺伝子研究も進められているそうです。
そんな躍起にならなくても、本来は人間にも当たり前に備わってた能力だと思いますけどねぇ〜
まったく進化しているのやら、退化してるのやら…

f0049903_23314465.jpg

「草食べるのは良いんだけどさぁ… 私にケツをくっつけなくても…」
さすがのCooもわんさの行動は予知も理解も出来ない?
[PR]
by kworca | 2007-11-26 23:53 | コンパニオンアニマル
「たいせつなもの」
ぼくを見る目。いろんな声。ちょっとしたしぐさ。

消えてしまったいのちを思うとき、

まっ先に浮かんでくるのは

あの日、何気なくながめていたひとつひとつ。

そのいとおしいひとつひとつが教えてくれる。

そこにあって当たり前のものなんて

ないということを。

とくに変わったことのない『ふつうの日』も。

まるで、ずっと昔からそこにすわっているような

『いつもの人』も。

幸せは見落としてしまいそうなくらい、

ありふれた色をしている。

それにちゃんと気づいていけたらな、って思う。

たいせつなものをなくしてしまうたびに、

心から、そう思う。



(『ダメ犬グー11年+108日の物語』より)


毎日、消えていく命も、たいせつなもの…
[PR]
by kworca | 2007-11-22 01:55 | コンパニオンアニマル
今年も“調査捕鯨”
先日18日、今年も捕鯨船団が下関を出港しました。
日本の事なのに、海外の報道の方が盛んに行われています。

今回は、ミンククジラ最高935頭、絶滅危惧種のナガスクジラ50頭、そして新たに危急種のザトウクジラ50頭を、来年4月中旬まで南極のクジラ保護区で捕獲する計画だそうです。
f0049903_22423972.jpg

一体、毎年何を調査しているのでしょう?
どれだけの数を捕る事が出来るか、捕りながら調査しているのでしょうか?
海の汚染度を測るのに、そんなに大量な数が必要なのでしょうか?
節税を求められている今、税金を使って謎の調査の為に乱獲し、そのあげく需要は確実に少ないのです。
苦肉の策で学校給食に取り入れるも、消費しきれずに缶詰にしてもなお余っているのです。
消費税を10%に上げてでも必要なことですか?

大手の缶詰メーカーは「鯨肉の販売は商売にならない」と、今年 鯨缶詰の販売から撤退すると表明しているのをご存じでしょうか?

去年、商業捕鯨再開を発表していたアイスランドも、国内需要が無い上に汚染が進む北大西洋の鯨肉を日本が輸入を拒んでいるため採算が合わずに商業捕鯨を中断することになっているのを知っていますか?

学校給食にも導入された、伝統捕鯨で有名な和歌山県太地町で捕獲した鯨肉から、厚生労働省の定めるPCB(ポリ塩化ビフェニル)、総水銀、メチル水銀の3項目について暫定規制値を超えた数値が検出されていた事を知っていますか?
それでも食べたいですか?

ちなみに先週一週間で余った食べ物の生ゴミは、どれくらいありましたか?
「鯨肉が好きなんだ」「食べたいんだ」という人に食べるな!とは言いません。
しかし大量の鯨を捕る必要性は、どこにあるのか私にはさっぱり分かりません。

以前、ある検索サイトのアンケート調査によると捕鯨賛成の人は90%を締めていました。
それでいて需要が無いのは何故でしょう?
ただ殺し続ける事に何かの意味があるのでしょうか?
海が汚染されていってるのも、魚が少なくなっているのも、クジラのせいではなく人間のせいではありませんか。

大事な事でも、一部の権力者に不利益になる事にはベールを掛けてしまいがちな日本。
果たして的確な判断が出来るだけの情報を国民が把握するほど、正しく報道されているのでしょうか?
[PR]
by kworca | 2007-11-21 00:11 | クジラのこと
札幌市動物管理センター
[犬の受入・払出状況](平成18年度)
受入〔捕獲〕370 〔放棄〕409
払出〔返還〕209 〔譲渡〕278 〔処分〕275 〔その他〕13
捕獲犬返還率 57%
返還・譲渡率 63%

[ねこの受入・払出状況](平成18年度)
受入〔放棄〕865 〔飼い主不明〕1,608 〔その他〕112
払出〔返還〕1 〔譲渡〕142 〔処分〕2,325 〔その他〕129

※次年度に繰り越す個体があるため、受入総数と払出総数は必ずしも一致しません。


今日、札幌の動物管理センターに行ってきました。
友達が一般譲渡可能になった犬を引き取りたいと決意してくれて、一緒に行かせてもらったのです。
犬達が収容されている場所は、札幌でもかなり外れの民家も途絶えた場所にあります。
友達が希望していた犬は、一足先にいらしてた方に既に引き取られていました。
中にいた犬は、全部で8匹。猫は2匹。
ホームページの「センター収容犬情報」に掲載されていない犬は4匹いました。

 3歳♀のラブラドール・レトリバー。とても元気ですが痩せていました。

 老犬の♀のゴールデン・レトリバー。♀という事を考慮しても小型で、とても元気でした。

 ♀で真っ黒い毛のテリア系MIX。毛と爪が伸びていてました。必死にすがりついてきました。

 そして♀の柴犬。かなり高齢なのか一切吠える事もなく、一緒にいた2匹の後方でなかなか近づけず、表情は一番哀しげでした。

 猫達は、それぞれのケージの中で哀しげに鳴いていました。

札幌は全国的にみて、捕獲数は少なく、返還・譲渡率は高い方だそうです。
恐らくこの中でも飼い主さんが気付いて迎えに来てくれる命、明日以降引き取ってもらえる命があることでしょう。
しかし、処分されてしまう命もあるかもしれません。

急な転勤で… 病気になってしまって… 老犬の世話が出来ない… 
推測出来る理由は、色々思いつきます。
思いつきますが、手放す理由として納得出来る理由など一つもありません。
処分されるべき命など、どこにもありません。
そこにいたのは、少なくとも人の温もりを知っている人懐っこい命でした。

迷子にしてしまったのなら、諦めずに迎えに行って欲しい。
持ち込んでしまったのなら、思い留まって引き返して欲しい。
知っている犬がいないか、ホームページをチェックして欲しい。
犬猫を飼いたいと思うなら、収容されている犬猫を検討してみて欲しい。
勝手だと自覚しながらも、そう願わずにはいられません。
[PR]
by kworca | 2007-11-20 13:56 | コンパニオンアニマル
寒いと思ったら…
積もってるし…
f0049903_122595.jpg

[PR]
by kworca | 2007-11-16 01:02 | 自然
クジラの名付け親になりませんか?
f0049903_21281173.jpg

今グリーンピースでは、南太平洋のクック諸島とニューカレドニア沖に生息するザトウクジラの群れを国際的にクジラ保護区に指定され、クジラが安心して生息することが約束された海であるはずの南極海までの道のりをGPSを使って追跡する科学調査プロジェクト『クジラ海道』が行われています。
f0049903_21385228.jpg

南極海のクジラ保護区で唯一「調査」と称して絶滅危惧種を含む1,000頭以上のクジラを捕殺している日本政府。
「クジラ海道」で追跡するザトウクジラも、日本の捕獲対象になっているクジラ達です。

「クジラ海道」では、日本政府の行っているクジラを殺す調査ではなく、クジラを殺さない科学的な調査方法を用いて、ザトウクジラの生息について調べていきます。
(サイトより抜粋)

「人間は動物のすべての行動に解釈を試みようとするが、クジラが何を伝えようとしているのか、結局ぼくたちがわかることはないだろう」
(星野道夫「旅をする木」より)


せめて私たちに出来るのは、彼らに一方的に名前を付けて、その姿を見守ることくらいしか出来ないのかも知れません。
[PR]
by kworca | 2007-11-12 21:45 | クジラのこと
あなたは、左脳人間か右脳人間か?
こういうのお好きなあなたに…


f0049903_2262718.gif


        あなたは、左脳人間か右脳人間か?診断プログラム


私は どうせ ささ女ぁ〜♪
[PR]
by kworca | 2007-11-05 02:29 | etc…
お務めごくろうさまでした
次は、クリスマスツリーですか…
f0049903_14274919.jpg

[PR]
by kworca | 2007-11-02 14:28 | つぶやき