S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
動物園にできること
映画も公開されるようで、今や殆どの人が知ることとなった『旭山動物園』。
先日ニュースで、新たに「アフリカ生態園」という構想があると知りました。
屋内での展示を考えているようですが、環境の違う北海道でアフリカ生態園って無理があるように思えて心配になりました。

そもそも閉園に迫られていた旭山動物園が、少ない予算の中で工夫した行動展示に踏み出したのは、園内の動物達のことを想った発想からだと受け取っています。
入園者日本一になった今、ある程度の資金調達も見込め、人々の更なる要望も大きくなっているとはいえ、ベースとなる“動物園に生きる動物”の事を第一に考えて欲しいと思うのです。

アフリカ生態園の為に新たにアフリカの動物を連れて来るのではないか…
心配になって旭山動物園に電話してみました。
「今、老朽化したスペースで過ごしている動物達に、より良い環境を提供出来るように考えています。
現段階でもアフリカに生息する動物も結構いるので、今のところ新たに他の動物を迎える予定はありませんが、この先もしかすると国内の別の施設などから迎える可能性はあるかもしれません。
しかし、アフリカから動物を捕獲して連れて来るというようなことはないと思います。」

と、丁寧に返答を頂きました。
そして私個人としての要望にも耳を傾けてくれました。

今は、まだ基本構想の段階です。
私たちの要望でも、内容が変わっていくかもしれません。
f0049903_15253736.jpg

私は、実際に旭山動物園に足を運んだことはありません。
中には何度となく足を運んでいる方もいることでしょうが、それも限られた時間だと思います。
動物達は、ずっと園の中で死ぬまで生きていかなければいけません。
それを踏まえた上で、過度な期待ばかりせずに「動物園にできることを私たちも考えること」が人間の責任として大事なことなのではないでしょうか…
[PR]
by kworca | 2009-01-29 16:00 | 動物
アンチョビ作りにトライ!
最近、お金に余裕はありませんが、時間は割とあります。(汗)
まぁ、この2つは相反するものなのですよね…
そんな昨今、うってつけの食材をスーパーの広告に発見!
「イワシ1パック…100円」
おおお!これはかねてから興味があったアンチョビ作りにトライするチャンスだ!と思い、最近Cooんさご飯にも魚を使う機会が多くなっているので多めに買ってきました。

思えば「アンチョビ」という存在を知ったのは、子供の頃の宅配ピザでした。
何物なのか定かではないながらも「“あんちょび”ってのをトッピングすると旨い」という刷り込みが・・・
ところで実は私、イワシ料理自体、作るのが初めて。
三枚おろしが苦手な私でも、イワシは簡単にフィレ状に出来るんですね〜
すっかり楽しくなったのと傷むといけないので、調子に乗って買ってきたイワシ全ての内臓を取り除き、Cooんさの夕飯にも入れて、余った分は冷凍保存。

アンチョビ用のは、塩とイワシを重ね重ねし…
f0049903_2358239.jpg

とりあえず仕込み完了!
(もっと塩を入れた方がいいのかな… 塩も粗塩の方が良いんだろうな…)
熟成途中で出来るナンプラーも楽しみ!
2ヶ月後のアンチョビパスタも更に楽しみ!!

よぉ〜し!もいっちょ調子に乗って、オイルサーディンも作ろうっと!!
[PR]
by kworca | 2009-01-28 00:00 |
仲良し
f0049903_321984.jpg

切なくなるほど…
[PR]
by kworca | 2009-01-18 03:01 | 今日のひとコマ
Le Dernier Trappeur
「悲しいからこそ知って欲しい 保健所に来た犬の運命」という見出しを見て購入した雑誌に紹介されていたDVD『狩人と犬、最後の旅』
最近、立て続けにジャック・ロンドンの本を読んでいたこともあって、これは観てみたい!と早速購入。
f0049903_2351320.jpg

「これは人と自然とのラブストーリーだ」
というコピーがピッタリの美しい映画でした。

内容は、伝統的な狩猟方法を貫く実在の狩人ノーマン・ウィンター本人が主役のストーリー。
フィクションですが、実際のノーマンの生活や自然などを活かした、一切映像処理など施されていない生の映像がとにかく美しいのです。
そして、その中で語られるニコラス・ヴァニエ監督とノーマンが、私たちに伝えたいメッセージ。
自然と共存するということ、現代人の行っている狩猟と 自然の一部となる強欲ではない狩猟の意味の違いなど、迷いが生じてしまうような事への答えも詰まっているように感じました。

「捕鯨は我が国の伝統だ」と言い張って、無駄な殺戮を続けているどこかの国の水産庁にも見てもらいたいものです。
[PR]
by kworca | 2009-01-11 23:27 | 映画
My宝くじ史上、最高の…
あけましたね!おめでとうございますっ!!

今年こそっ!良い年になりますように〜
という願いも込めて、年末に買いましたとも、なけなしのお金で買いましたとも、
年末ジャンボ宝くじっ
で、年越し風邪をひきながらチェックしましたとも…
その結果は…
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
f0049903_23434243.jpg

My宝くじ史上、最高の当選金額3,000円が当たりました〜〜〜!!!
           ・
           ・
           ・
最高額が3,000円って…
           ・
           ・
           ・
30枚買ったから、余裕でマイナスなんですけど…
           ・
           ・
           ・
ま、まぁ、記事にしてるとこから察しはつきましたよね…
           ・
           ・
           ・
こんな年明けですが、今年も何卒よろしくお願い致します。


あなたは、どうでしたか?
第550回 年末ジャンボ当選番号
これって…末等の300円も、重複してもらえるんですよね?(←せこっ)
[PR]
by kworca | 2009-01-01 00:00 | etc…