S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
きいてくれる存在
『きいてほしいの、あたしのこと〜ウィン・ディキシーのいた夏』
「少女と野良犬の心の交流を描いた物語。1匹の野良犬と出会った少女・オパール。彼女は保健所に連れて行かれそうになったその犬を飼い始める。」
このタイトルと紹介文を見た時、「野良犬?そっか聞いて欲しいんだ。では聞きましょう」とすぐにDVDを購入しました。
でも実は「きいてほしい」と言っていたのは少女の声。f0049903_2244233.jpg
牧師の娘として引っ越しがちな少女は、幼い頃家を出た母親への想いを抱えながら孤独な日々を送っていたある日、一匹の野良犬と出会い、共に過ごし、心を打ち明けて、犬が導く人々との交流の中から人生の哀しみや喜びを知っていくという物語だったのです。
可愛さや哀れみをクローズアップした動物映画ではなく、犬とのごく当たり前な日々を綴った映画です。
そのさりげない流れの中に人々の抱える悲しみや孤独感があり、それは特別なモノではなく全ての人がそれぞれを抱えながらも賢明に生きているのだというメッセージが伝わります。
そして、それらはごく普通の犬とのふれあいによって静かに穏やかに癒やされていくのです。
f0049903_2273294.jpg
主役の犬、ウィン・ディキシーは、ピカルディ・シェパードというフランスの犬2匹が(1匹を)演じています。
ウェイン・ワン監督は、原作の雰囲気を努めて損なわないように本の表紙に似ている雑種を求めてこの犬種に巡り会ったようです。
何といっても驚いたのは、この犬の笑顔。
「うちの犬だって笑うよ」という方も多いと思いますが、この犬の笑顔は眉毛を上げて口元を上げる、本当にニコッっとするんです。

私もよく悲しい事や嬉しい事などがあると、うちの犬達に話しかけます。
と言っても、言葉を使うのは話し出すきっかけくらい。
普段から必要以上に私の心を読み取ってくれていますから(不都合も時々あります…)あとは、体を撫でながらじっと見つめ合っていればいいのです。
最後には必ずペロっと私の顔をひと舐め。
困った事があってもそれで全て解決!「ま、何とかなるさね〜」という気持ちにさせてくれるのです。
近所の人や遠く離れた人との素敵な出会いの橋渡しもしてくれます。

きっとこんな事は、うちの犬や特定の犬種に限った事ではないでしょう。
どんな犬も人を良い方向に導いてくれる存在であるのだと思います。
私達もそんな存在に対して恩を忘れず、出来るだけの感謝の気持ちを表さなくてはいけませんよね。


“With eye upraised his master's look to scan,The joy,the solace,and the aid of man; The rich man's guardian and the poor man's friend,The only creature faithful to the end.”〜George Crabbe
『真剣な眼差しで主人の様子をうかがい、よろこび、なぐさめ、補佐役に徹する。富める者の護衛、貧しき者の友、どこまでも忠誠を尽くすのはお前だけ。』〜ジョージ・クラブ

“A dog is the only thing on this earth that loves you more than you love yourself.”〜Josh Bllings
『あなたが自分を愛する以上に愛してくれる存在があるのかって?もちろんそんな存在は犬だけ。』〜ジョシュ・ビリングズ

“Dogs are not our whole life,but they make our life whole”〜Roger Caras
『犬は私たちの生活のすべてではない。だが、私たちの生活を完全なものにしてくれる。』〜ロジャー・カラス
[PR]
# by kworca | 2006-05-22 02:28 | 映画
PRIVATE WORLD
テレビっ子である私は、日曜の夜 特に観たい映画をやっていなければ『ウルルン滞在記』→『情熱大陸』→『世界遺産』と何となく流れで見ています。
そして3月のある日、情熱大陸では『下田昌克』さんという方を追っていました。
http://mbs.jp/jounetsu/archives/2006/03_19.html

職業:絵描き 正直言って、知らない人でした。
でも、とても笑顔に魅力のある人で、すぐに引き込まれました。東京で暮らしていながらもナチュラル感が溢れているのです。
そして魅力的なのは、その絵も然り。
お仕事で『翼の王国』などでも描いているようですが、景色や人の顔を見ていると、描きたくて仕方がなくなるそうです。
何色もの色鉛筆で、その場でガァー!って感じで描いてしまう。描いている間の下田さんの表情は、この上なく楽しそう。
出来上がった絵は、エネルギーに満ちあふれている感じ。

テレビに出ている人(著名人)にメールなんかしたことないのですが、番組終了後メールもしちゃいました。
きっと殺到しているだろうし、読んでくれるのかどうかもわからないけど。

そして番組で紹介されていた、2年間放浪の旅で綴ったメモやラクガキ(?)で構成されている『PRIVATE WORLD』も思わず買ってしまいました。
放送直後は、amazonでも在庫はなく、オークションでは高値が付いていましたが、近くの本屋さんに注文するとあっさり2週間後くらいで届きました。
f0049903_22513172.jpg

それまで働いていた会社を辞め、貯めた100万円を持って放浪の旅。
目的もなく、行き当たりばったりで行った中国・チベット・ネパール・インド・ヨーロッパの708日間。
放浪の旅は、私の昔からの憧れでもあります。
まだ全部読み切っていないのですが、まるで自分で行ってきたかのような気持ちになれます。

その下田さんから数日前メールが届きました。
やはり放送後、凄い数のメールが来たようで私個人への返信ではありませんでしたが、文面の最後に「今年、モロッコから帰ってきて描いた絵を添付させていただきます。」とありました。
f0049903_22475622.jpg


やはり、優しい良い人なのだと思います。

下田昌克さんのオフィシャルサイト
[PR]
# by kworca | 2006-05-19 22:53 |
Made in Heaven
最近人との出会いについて考えていたら、以前深夜に放送されていた映画を無性にもう一度観たくなりました。
でも中途半端に古いし、ヒットした映画でもないので販売はおろか、ビデオレンタルでも見かけなくなってしまいました。
先日必死で探していると、オークションで発見! GET出来ました。
タイトルは『Made in Heaven』(1987)

溺れる人を救って自分が死んでしまった男性が、天国で一人の女性と出会い恋に落ちる。
天国で結婚するものの、その女性はこの世に生まれ降りる時がやってきてしまう。
天国で結ばれたカップルは、この先 何世後になるかは分からないが必ず再会し、不変の愛を得ることが出来る。
しかし、彼はそれを待つことが出来ず、天国のガイドに無理を言って彼女の後を追うが、それには厳しい条件を出される。
●天国に戻れる保証のないこと ●25歳までに見つけ出すことが出来なければ二人とも不幸になること ●30歳までに見つけられなければ、この先何度生まれ変わっても絶対に出会うことはないこと…
イライラするようなすれ違いをしながらも、二人は…

といったメインはラブストーリーなのですが、実は付随する事柄が面白いのです。
天国では、それぞれ各自にあるキーワード(才能)が与えられます。
この世には、記憶を持って行くことは出来ないのですが感覚的に感じることが出来、それに気づければその人は成功を得られます。
それから、前世で親しかった人や天国で出会った人は、現世で自分を良い方向へ導いてくれる存在となるのです。

「経験もないのにメキメキ上達した」
「初対面なのに初めて会った気がしない…」
「出会った時からすんなりうち解けられた」
「出会うべくして出会った気がする…」

そういう経験って、男女・年齢にかかわらず誰しもがあるはず。
自分の意識にはない経験が作用しているのかも知れませんね。
人とのつながり、出会いって思ってるより深〜いのかも…と思ったらより一層感謝が増します。

それにしても、私の前世って何だったんだろう?
あ〜、江原さんにみてもらえないかなぁ〜

f0049903_044084.jpg

今はコレ…↑(By ジャバザ武野功雄)

f0049903_13145665.jpg

[PR]
# by kworca | 2006-05-15 00:06 | 映画
PET SHOP
ペットショップ経験者の勇気ある告白です
実際に見たペットショップの裏側

ペットショップ…
そもそもは営利目的だけではなく『動物の命の大切さを身近に感じる事が出来る』目的で始まった商売なのかもしれない。
しかし、今やどうでしょう?
あまりにも多くのお店。狭いケージに沢山いる命たち。
それら全てが幸せになれると思いますか?
そして華やかで綺麗なペットショップに行く課程には、目を覆いたくなる惨状の繁殖所が数多くあるのです。
カワイイ子犬・子猫の母親は、見るも無惨な姿で人間の優しさに触れられる事もなく、命を削っている場合が多いのです。

『パピーミル』って聞いた事がありますか?
繁殖所のモモちゃん

「犬を飼う」と決めた時、思い描かれるのは『大人しく従順で誰とでも仲良くなれる良い子』だと思います。
そうなるには、最低生後3ヶ月は母親の元で過ごす事が良いのをご存じでしょうか?

仔犬の社会化トレーニング

欧米では生体を扱うペットショップは殆どありません。
保護施設か希望犬種がある場合はブリーダーに予約して繁殖してもらいます。その子に会える何ヶ月もの間に飼い主としての自覚を養えるのです。
ブリーダーは本来、遺伝子レベルで淘汰しながら慎重に繁殖を試みなくてはいけない為、お金持ちにはなれないと聞いたことがあります。
子供の数よりもペットの数の方が多くなったという日本。ケア用品・施設やグッズだけでも十分商売が成り立つのでは? リスクも軽減するはずです。
「動物が好きでショップを始めた」初心を思い出して頂きたい。
マネ好き日本も、良い事をマネるその方向にそろそろ向かっていけないでしょうか…
[PR]
# by kworca | 2006-05-14 01:57 | コンパニオンアニマル
クジラが還る日
 私は大のクジラマニアです。
もし生まれ変われるならクジラになりたい!
クジラに関することなら目の色が変わり、話し出すと長〜くなるので避けてきましたが、今日はそのお話しをしてみたいと思います。(かな〜り長いのでお時間のある時にでも…)
ちなみにHPのタイトルにもしている“kw-orca”というのは、中でも一番好きなシャチの別名Killer Whaleと私のイニシャルが同じなので、それに学名のOrcinus orcaのorcaを合わせているんです。(どうでも良いことですが…)

f0049903_1424831.jpg そもそも私がクジラに魅せられるきっかけとなったのは、二十歳くらいの頃に訪れた鴨川シーワールドです。
それまでイルカショーは見た事があったものの(ちなみにクジラとイルカは大きさで呼び分けていますが同じクジラ目です)迫力が違い、もうもう圧巻でした。その気になれば人間に逆らうことも出来そうなのに、付き合ってくれているという感じを受けました。
数年後にも訪れましたが、ショーが終わってからも子供達に混じって、水槽にへばり付いてました。
 シャチは、現存するほ乳類の中で最大の脳を持っています。大きさと頭の善し悪しは別らしいのですが、果たしてどうでしょう…
以前に読んだ本の中に、シャチという動物を紹介するこんな話しがありました。
『1956年、ブリティッシュコロンビア州の海に面したある山の山腹で、二人の木こりが丸太を斜面沿いに滑らせて海岸に降ろす作業をしていた。その時たまたま一群のシャチが下を通りがかった。それを見た木こりの一人がわざと丸太を離して落とし、シャチにぶつけた。丸太の一撃は明らかに一頭のシャチを、殺しはしなかったが傷つけた。シャチの群れは逃げ去った。夕方、二人の木こりが小舟でキャンプに帰ろうとしていると、昼間のシャチの群れが現れ、その舟を転覆させた。丸太を落とした男の姿は消え、もう一人は何の危害も加えられることなく無事に帰った。』(平凡社「クジラの心」より)
シャチにはレジデントとトランジェントの2種類がいます。レジデントはカナダで鮭を補食して定住する特有の種類です。トランジェントは常に回遊していて、アザラシやトドなどを捕食しているようですが、詳しい行動を把握するのは難しいそうです。
レジデントについては、ポール・スポング博士が長年カナダの『オルカラボ』で研究をしています。
シャチを含めたクジラは、まだまだ未知の部分が多いのです。
そんな未知数の魅力を秘めたクジラに私はどんどん興味が増していきました。

そしてある年の2月、ダイビング友達のお父さんがマウイ島のコンドミニアムの会員ということで(当時はバブリーな時期でした)マウイ島に行く機会に恵まれました。
友人達は「ハワイの海に潜れる〜」と楽しみにしていましたが、私の一番の楽しみは何といってもホエールウォチング!ザトウクジラに会える!!頭の中はこれで一杯でした。
(ザトウクジラは、暖かい時期は捕食のため北の海に、冬の間は南下して捕食せずに子育てに専念します)
 現地に着いて荷物を置くやいなや、早速ホエールウォチングの予約に行くと「午前中は気持ち良く泳ぐ姿を見られるし、ジャンプしているダイナミックな姿を見たいなら午後だね。どっちにする?」と聞かれました。私は「じゃ、両方!」と即答。
「2回も行く日本人は珍しいなぁ…」と言われ、しかも「可能なら今から行きたい!」と伝えると少々呆れられました。
そして間もなく、念願の彼らに対面。
夕暮れにオレンジの光を浴びながら、生きている喜びを表現するような雄大なジャンプ。それは想像以上に神々しい光景で、涙が溢れてきました。
それに何というデカさ。(マウイでは厳しいガイドラインが設定されていてボートから30mは離れているにも関わらず…)身近な大きい動物といえば象ですが、その何倍もあります。
撮る間も惜しく感じて、その時の写真は無いのですが今でもくっきり頭の中に残っています。
f0049903_14335142.jpg すっかり感激を通り越して呆然としながらの帰り、更に忘れられない出来事が…
私達の乗っていたのは大きめのゴムボートといった感じで決して大きい舟ではありませんでした。
快調に進んでいたボートが急にガクンと止まり、間もなくエンジンを停止したのです。「ん?何かトラブルでも…」とスタッフを見ると、右側の海面を指さしました。そこには黒光りしながら盛り上がる見覚えのあるものが…
f0049903_14322679.jpgクジラの背中でした。私のすぐ横、数十センチ下で柔らかな潜水艦のように動いていました。
(ガイドラインでは、クジラが近づいてきた場合はエンジンをニュートラルにし1分ほどアイドリングの後エンジンを切るきまりがあります)
その動作はテレビでも見たことがあり、次の動作はYの字のような尾びれが海面に現れるのがイメージされました。そうなれば、このボートなんて一溜まりもありません。
「転覆したら間近で全身を見ることが出来るかな…」ほんの十数秒の間そんな事を考えていました。
でもボートは波が起きて揺れることすらありませんでした。彼は明らかにボートを意識して、尾びれを海面に上げる事なくとても静かに潜ってくれたのです。
彼にとっては、多少触れたところで何の支障も無かっただろうに…
ここの人とクジラの間には、信頼関係が成り立っている。そう感じました。
f0049903_14361368.jpg 日本は捕鯨大国として有名ですが、かつてはここラハイナも捕鯨が盛んな地区でした。(1825〜1860)
『ホエラーズビレッジ』というショッピングセンターの中に捕鯨の歴史やクジラの生態についての博物館があります。
日本でも海外でも昔の捕鯨は、クジラと対等で命がけ、誇りと畏敬の念が抱かれていたのだと思います。それがやがて近代捕鯨になるとクジラの体内で爆発する銛を用いるようになり、効率よく捕獲できることから乱獲に繋がり個体数が減っていきました。
f0049903_14375374.jpgクジラは余すところ無く活用できる便利な生き物です。肉や皮膚は食用、骨や歯は杖やゼラチンなど、内臓は薬など、脳油(マッコウクジラ特有の物でこれを冷やしたり温めたりすることで深海まで行き来できます)は精密機器の潤滑油など…etc
しかし、現代では代替えできる物が沢山あります。
現在は許可された調査捕鯨しか行っていないようですが、各国で捕獲されたクジラの主な消費国は今でも日本だそうです。
f0049903_1438396.jpg一時は絶滅を危惧されたホッキョククジラやセミクジラなども個体数の増加が確認されているとのことですが『増えたから獲る、減ったからやめる』と人間が操作する事に不安を感じてしまいます。
 マウイでは、とてもクジラに優しく、ありのままのクジラから恩恵を受けています。その方法を模索していく方が、有意義な気がするのですが…
 後にも先にも実際に行った外国で「ここで暮らしたい」と感じたのは、マウイだけです。マウイは私にとっての聖地となりました。

f0049903_1439556.jpg さらに数年後、友達から「ロサンゼルスに旅行に行こ〜う」と誘われました。
私は、Tシャツでプラプラ歩ける南国系が好みの為、外国の都市は何だか怖いなぁと思いながらも「たまにはいっかぁ」と快諾。
旅行のプランを立てる為、いろいろ調べているとLAからバスで一時間ほどで行ける『サンディエゴ・シーワールド』が目に止まりました。そこにはシャチの写真が!
f0049903_14413969.jpgディズニーランドに行きたがっていた友達に折れてもらい、いそいそと向かいました。
更に迫力のあるショーに魅せられた私ですが、同時にある事実も知るきっかけとなります。
 シャチといえば、特徴的なのが垂直にそびえ立つ長い背びれです。(鎌状で長いのが雄、山形で短めなのが雌)
水族館にいるシャチは、ストレスの為その背びれが曲がっていくのだそうです。
背びれが曲がっているという事で思い出されたのは、映画『フリーウィリー』に出てくる本名『ケイコ』です。(ちなみに雄なのですが私と同じ名前)
彼は1979年アイスランド冲で捕獲されて以来、長年水族館をたらい回しにされてf0049903_14431969.jpg過ごしていましたが、映画をきっかけに『フリー・ウィリー・ケイコ財団』が設立されました。
「故郷の海に還すべきだ」という意見と「群れを重んじるシャチだけに今更戻っても生きていけない」と意見が分かれたようですが、98年リハビリ目的でアイスランドに移送され、2002年7月 23年ぶりに大西洋に放たれました。しかし翌年12月ノルウェーのフィヨルドで死亡が確認されています。享年27歳。飼育下にf0049903_14454177.jpgおけるシャチの長寿第2位だそうです。(野生のシャチは人間と同じ位の寿命を持つと言われています)
ケイコは、出会った群れと共にノルウェーに移動したそうですが、結局群れには入れず独りぼっちであるところを前年に目撃されています。
人間に翻弄されたケイコは何を思っていた事でしょう…(こちらも是非読んで頂きたい
 私がクジラに魅せられ知るきっかけとなったのは、水族館です。
容易に見て楽しむ事、学ぶ事ができ、時には保護活動もされている水族館は貴重な施設かも知れません。
しかし、それはあくまで人間サイドの事。
研究・調査が行われれば彼らにも有益な事があるかもしれませんが、現実は人間を優先した“有益”なのではないでしょうか?
もう後戻り出来ないのであれば、感謝の気持ちを強くして飼育環境をもっと試行錯誤して工夫していくべきなのでは… それを考慮した上でうまくいっている動物園の話しは有名ですよね。

f0049903_14472818.jpgまた、昨今クジラが海岸に打ち上げられる事故が多発しています。
今年2月シャチが知床で流氷に阻まれ11頭も死んでしまったのは記憶に新しいと思います。(http://www.shachi.info/index.html http://svrsh1.kahaku.go.jp/orca/index.html
当初、原因は急速な流氷の南下により流氷に囲まれて出れなくなった為と思われていました。しかし本来シャチは流氷と共に生きており、必要な時は流氷の合間から狩をすることもあります。流氷やテトラポット程度で体が傷つきそれが原因で死亡することは考えがたいとの事。
死体を解剖した結果、このシャチのPCB及び水銀の汚染が他のクジラに比べ高い事が改めで浮き彫りになったそうです。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは、DDTやBHCなどの農薬と同様に有機塩素化合物の一つで、環境汚染物質として体内に蓄積され、健康に害を及ぼす物質です。工業産業などからの廃棄処理の問題で、PCB汚染は既に水生生物、鳥類、人の母乳や脂肪組織など広範に及んでいることがわかっています。
この事だけが直接の死因とは考えられないそうですが、これらは他の様々な要因に関わっていることでしょう。

 クジラの祖先は、恐竜が絶滅した後に発展した哺乳類、牛やカバ・シカ等と同様の6500万年前に陸を歩いていた『メソニクス』という動物だと言われています。(陸で暮らしていた名残で今のクジラにも後ろ足の一部の骨があります)
その一部が生息域を海に変え5000万年前に『ムカシクジラ』他 数種のクジラが誕生し、絶滅と進化を繰り返し、現在では「ハクジラ」と「ヒゲクジラ」が存在します。

 何の根拠も無いので笑われるかもしれませんが、地上が本当に平穏になるのをクジラはじっと静かに待っているような気がするんです。そして彼らは地上に還ってくる。
もし実現したとしても果たしてその姿を人間は見られるのか…
本当に地球が平穏になる為には、人間が存在しては不可能なのではないか…と考えてしまいます。

 以上は、私が関連書籍やHPを読んで、それとわずかな体験を通しての個人的な考えに過ぎません。
日常生活において頻繁に目にするわけでもありませんし、遠い事のように感じるかも知れません。
妄想的な考えがちりばめられた嫌気がさすほど長い文章ゆえ説得力が無く、懐疑的な意見を持たれる方もいることでしょう。
しかし、クジラにちょっとでも興味を持ち、地球環境のことそこに共に暮らす生き物のことを心の隅ででも考えてみるきっかけとなれば幸いです。
[PR]
# by kworca | 2006-05-11 14:49 | クジラのこと