S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
弥生、スコットランドはエ...
madomado★お気楽日記
共生日記
道草獣医
Requiem for ...
Dute 僕の毎日 
ちゅっちゃん日記
From-H
burnet hillの...
A Slice Of...
*わんだFUL日記*Ⅱ
Onajiondo
LIM official...
ポッキー&アースとの暮らし
フリーざんす独身女[マル...
ラヴレター いっしょに歩こ!
最新のトラックバック
エコバックがやってきた
from Requiem for ..
クジラの涙
from C'est la vie
Shimoda Masa..
from Requiem for ..
カテゴリ
全体
クジラのこと
コンパニオンアニマル
動物
植物
自然
映画


音楽
eco
つぶやき
今日のひとコマ
アラスカ
やっこ来道
etc…
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
2007年 05月 12日 ( 1 )
バベル
遠い昔、言葉は一つだった

神に近づこうと人間たちは天まで届く塔を建てようとした

神は怒り、言われた

“言葉を乱し、世界をバラバラにしよう”

やがてその街は、バベルと呼ばれた   (旧約聖書 創世記11章)

f0049903_17255492.jpg

何となく気になっていた映画を観ました。
  『バベル』
少し前、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも騒がれていた映画です。
一つの銃によって、遠く離れたところで全く関係ない者同士が、意識しないまま繋がっていきます。
人間の愚かさ、傲慢さ、悲しみ、無力さ…
そういう儚さがとてもよく表現されていると思いました。

この映画の撮影中、スタッフ達は何カ国語にもよる“コミュニケーションの難しさ”という、この映画のテーマと同じ問題を抱えていたそうです。
「しかし、撮影を進めるうちに、本当の境界線は言葉ではなく、私たち自身の中にあると気付いた。人を幸せにするものは国によって違うけれど、惨めにするものは、文化、人種、言語、貧富を越えて、みんな同じだ。人間の大きな悲劇は、愛し愛される能力に欠けていること。愛こそが、すべての人間の生と死に意味を与えるものなのに」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督 談)

遠い昔は、全生物の言葉が一つだったんだと思います。
[PR]
by kworca | 2007-05-12 17:17 | 映画